FXを始めるときは小ロットから実践していきましょう

これは心理的な不安が原因となっているのですが、その不安を克服するためにはやはり、小ロットから実践取引をすることをお勧めします。
例えば米ドル・円でFXを開始する人は、まずは他の通貨ペアに浮気をせずにしばらくは米ドル・円での取引を続けてみることをお勧めします。
また、米ドル・円で取引をする場合には、米ドル・円のチャートを繰り返し確認しましょう。
今現在、円高トレンドに入っているのか、それとも短期的に円安のトレンドなのか、為替介入などの危険ゾーンはどの辺りか、など自分なりに予測を立てることができるようになるでしょう。
まずは陽線、陰線の動きをよく見て、自分なりに分析できるようにすると良いでしょう。
何度も実践でのトレードを繰り返していくうちに、トレーダーとしてタイミングがつかめるようになってくると思います。
そうなれば、トレーダーとしての成功が近づいています。
実践トレードは真剣勝負です。
自分の苦手な場面での無理なエントリーは避け、タイミングよくエントリーできるように研鑽を積みましょう。